2017年3月17日金曜日

箱宮の外箱を利用して新しい神棚を作ってみよう

神殿ケース・箱宮ケース

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000122/

既製品を選ぶこともあればアレンジしてみたくなることもある。

物選びでなかなか自分の気に入ったものがなければ、作ってしまえということもあるだろう。

しかし、素材の吟味、切り方、工具などなど知識見識も必要になるから、パーツの組み合わせという点でアレンジならできると思う。


箱宮の外箱を利用して、あとは神具を並べればオリジナルの神棚になる。


今回は、中宮神殿一社を使ってみましたが、木札でもいいでしょう。


あとは神具選びで何をどう置くか・・・・やってみると楽しいもんですよ。




神具は国産神具を使いましょうよ。

こういうものは外国製のほうがはるかに安いですけど、やっぱり日本製がいいと思う。




神殿ケース・箱宮ケース
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000122/




興味のある方は是非ご覧ください。

2017年3月7日火曜日

良い神具を使おう 木製神具 遠山三宝 上品

低めの三宝 遠山三宝

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000133/

三宝、遠山三宝、折敷というのは三兄弟のようなもので、お盆だけなら折敷、それに台を付けたものが三宝です。

ならば遠山三宝とは何か? それは折敷と三宝の高さの中間。

世の中、大中小と3サイズがよくありますよね、そのような感覚で使っていただければよいのではないでしょうか。


ところでいろいろな三宝などが販売されています。

同じ形なのに価格がいろいろ、迷いどころだと思います。


安く作ろうとすれば徹底的に安くできる、良い物を作ろうとすればこれまた良く作れる。

そんな世界が木製神具の世界です。


素材から何からみんな別物です。

だから、目的に合っていれば良いのではないでしょうかね。





おまかせ工房の木曽桧神具は本職向けです。

こういう桧製神具も年に一回使うか使わないかであれば、ここまで良いものはいらないのかもしれません。


しかし、まともな神具を探している人も多いので、上品シリーズとして作っています。



遠山三宝 桧製 上品 いろいろなサイズがあります。
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000133/




興味のある方は是非ご覧ください。

2017年2月6日月曜日

目立たせない神棚 神棚らしくない神棚

御札舎本三社 上品

http://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana003500/

所変われば品変わるということがありまして、神棚はこうあるべきものという考え方もあれば、従来の神棚では少々困るということがあります。

とりわけ店舗運営をしていると遭遇する機会がありますね、店内に神棚を置こうかと考えているときです。

飲食店であれば厨房内にはよくありますが、厨房内であれば誰もが見るものではありませんので、それほど気にならない。

しかし、神棚というものは隠すものではない、出来ることなら人の集まるところに祭りたい。


となると、、、店内という場所になる。


よく店内に神棚を祭っていることがありますが、それが正解です。

見えるところに祭る、来客万歳です。



ここからが考え方の二分してしまう部分でして、ハッキリわかるような神棚がいい人とそれでは困る人がいるわけです。

しかしながら、神棚もありとあらゆる場合に応じて作っているわけではない。

そこで、、、、、神棚っぽくない神棚のご紹介です。



御札舎なので基本、御札専用の神棚ということになりますが、形がシンプルなので神道祭壇として使う人もいます、神道祭壇の場合には御霊入れということになる。





受注生産です、2週間ぐらい待ってもらうことが多いです。

御札舎本一社という一社スタイルの御札入れがありますが、その三社スタイル。

ワンサイズのみの製作です。


商品ページにはさらに詳細な画像などを掲載しています。




御札舎本三社 上品
http://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana003500/




興味のある方は是非ご覧ください。

2017年1月20日金曜日

神前ならばプラスティックより木製がいいと思う 真榊(まさかき)


木製台、木製軸仕様の真榊

http://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana3401/

なんだかんだと言ってみても、最終的には使う人次第なのですが、個人的には神棚周りに置くのであればプラスティック製よりも木製の方がいいと思う。

真榊という神具がありますが、たまに問い合わせがありまして、「そちらの真榊は木製ですか?」という内容です。


安いと思って買ってみたら、台と軸がプラスティックでできていたそうで、なんか違うぞとあれこれ調べてみるようです。

画像でもわかることなんだけど、やはり買うときには安いもの順にして一番上にくるものを選んでしまうのかなと思ったりしますが実際のところはわかりません。


木製台軸仕様の真榊のご紹介です。





真榊は大きくなくてもいいから、一番小さな真榊でもいいでしょう。

左右に置くだけの神具ですが、右側と左側の位置関係は決まっています。


三種の神器を置いてみよう・・・・というときに使うといいでしょう。


神社に行けば大きな真榊が置いてありますね、その神棚用の神具です。




木製台、木製軸仕様の真榊
http://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana3401/





興味のある方は是非ご覧ください。